神農生活 MAJI TREATS | 溫故知新|台灣紅椅頭| 搭配很台的生活尺度 剛剛好
溫故知新

|台灣紅椅頭| 搭配很台的生活尺度 剛剛好

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

「台灣紅椅頭」蘊含貼近腳下這塊土地的距離,連結著民俗節慶、草根活力,同時也象徵著熟悉不過的日常紀錄,它和設計師打造的風格家具相比,沒有特別漂亮,卻是在台灣平凡踏實生活的文化關鍵字。

赤いプラスチック椅子は祭事・地元などを思い出させて、懐かしい日常生活を象徴しています。この椅子はデザイナーが作ったおしゃれな家具と比べると、とりわけ綺麗でもなく、しかし台湾の質素な生活を表しています。

 

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

關於這篇專文的生成,除了讓「台灣紅椅頭」接軌消費市場的商品長相更完整,也想藉由產品概念的脈絡敘事,表達神農生活對PB商品設計的態度和想法。

無論食品或雜貨類型商品,一概不用過多裝飾的簡樸包裝,第一眼看上去或許有點普通,五年、十年後卻也不會過時的設計,這讓品牌在持續成長的路上,遇見許多志同道合的客人和合作夥伴。

このエッセイは「台湾紅椅頭」の商品としての生い立ちを補完するだけではなく、製品コンセプトのいきさつを通して、神農生活のセルフブランドへの考え方や思い入れを述べたいと思います。

食品でも雑貨でも行き過ぎた包装は一切なく、簡素な外見は一目見て、もしかしてなんか普通と感じるかもしれないが、五年・十年経っても時代遅れしないデザインは、ブランドが成長すると共に、同じ思いを抱いているお客様やビジネスパートナーを引き合わせてくれました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

在因緣際會下,神農生活開啟與陳牧仁老師的合作,邀請陳牧仁老師進行「台灣紅椅頭」陶瓷手捏原型創作,量產委託鶯歌窯廠製造。

透過這次機會,串起設計與老產業的連結,期許未來拓展更多與地方產業的合作機會,讓文化特色接軌現代需求,使產業傳承經驗延續下去。

陳牧仁(チン・ボクジン)氏もその一人です。神農生活は陳氏に声をかけ、「台湾紅椅頭」の原型の手練り制作を依頼し、量産は新北市にある鶯歌の窯工場に頼みました。

この機会を利用して、デザインと伝統工芸を繋ぎ合わせて、将来的にもっと地方産業と仕事するチャンスを増やせたいです。そして文化の特色と現代の需要をうまくマッチさせて、受け継いできた経験を繋いでいきたいと思っております。

 

起身 走趟台灣紅椅頭旅程

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

| 發現 |

攤開從小到大在台灣共有的生活經驗,這張紅色塑膠椅所串聯的生活場景,從廟口、辦桌、小吃攤、嫁娶喜慶,到政黨造勢場所,甚至在診所掛號候位,幾乎都能看到。

它陪伴台灣人的各式生活樣貌,延展人與人的關係,創造不同的場合對話。搬一張紅色塑膠椅坐下來,就可能讓兩個原本陌生的人變得靠近。

| 発見 |

台湾での生活を振り返ってみると、赤いプラスチック椅子は日常生活、お廟、宴会、屋台、冠婚葬祭、選挙や病院の待合室まで、あらゆる場面で見かけます。

人と人を繋がり、会話する機会を作ってくれるし、赤いプラスチック椅子一つで、赤の他人との距離がだいぶ近づきました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

這一張紅色塑膠椅,蘊含貼近腳下這塊土地的距離,連結著民俗節慶、草根活力,同時也象徵著熟悉不過的日常紀錄,它和設計師打造的風格家具相比,沒有特別漂亮,卻是在台灣平凡踏實生活的文化關鍵字。

赤いプラスチック椅子は祭事・地元などを思い出させて、懐かしい日常生活を象徴しています。この椅子はデザイナーが作ったおしゃれな家具と比べると、とりわけ綺麗でもなく、しかし台湾の質素な生活を表しています。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

重量輕、好堆疊,在生活片段中曾遇到的紅色塑膠椅,不只作為日常生活中的物件,實際上也承載了人們的生計,「有些人可能會覺得廉價的塑膠椅不好看,但是對很多人來講,卻是很重要的。」陳牧仁老師補充說道,「小朋友和家人逛夜市最喜歡玩彈珠台,那把椅子帶來了歡樂,創造許多家庭的美好回憶,同時也是攤位老闆賴以維生的生財工具。」

希望藉由生活分享的角度,和大家一起重新認識這張椅子,與其深究「台灣紅椅頭」的結構設計,創作的深層意涵,更著重在生活溫度的傳遞。

軽くて収納性抜群、生活の中で出会った赤いプラスチック椅子は日常の道具だけではなく、人々の生業をも支えています。「安っぽいプラスチック椅子は見た目的によくないと思っている人も居るけど、大切に思っている人もたくさんいるよ」と陳氏が補足しました。

「家族と夜市に出かける時、子供が大好きなのはビー玉台だ。赤い椅子は家族団欒の思い出を作りましたし、なにより露店の大事な商売道具でもある」。

日常生活の角度から改めてこの椅子を再認識しました。「台湾紅椅頭」を構造的に探究するより、作り手の思いとしては、日常の温もりこそ我々が伝えたいものなのです。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮 | 製作 |

很有意思的,當看見陳牧仁老師親身示範手捏「台灣紅椅頭」,才發現這張椅子的原型,原來是以「杯子」為雛形,來進行胚體創作。

一般來說,手捏陶給人的印象,是雙手像揉麵團般慢慢搓土,一塊塊接合、拼出形體,和組裝零件一樣。然而陳牧仁老師先將土搓成柱體,適時拍敲(讓土紮實)成方形柱,再用刀切,把實心部分挖空、構築出四支椅腳。為避免椅子邊角刮手,適時修邊,另使用銅管輔助磨出弧形。

 | 制作 |

陳氏が「台湾紅椅頭」を手練りの所を拝見させて頂いたが、面白いことに、この椅子の原型は「コップ」です。

一般的に、手練り陶芸は麺を丸めるように土を練って、そして別のパーツを一つずつ足して、繋いで作るもの。

でも陳氏は土を柱状にして、固くなるように叩いて、角柱になったらナイフで彫り、四本の脚を作ります。さらに椅子の縁がザラザラにならないように均して、最後に銅棒を使って弧を作りました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

除去多餘的土塊,採用挖空成形,反轉思考物體的結構,這時候會發現,眼前的椅子倒過來看,又是另一種物體型態。這張沒有載明使用者的紅色塑膠椅,和盛裝各式飲料的杯子相同,都是可以容納生活重量的容器。

為了真實呈現「台灣紅椅頭」所承載的集體生活和記憶,從手捏塑形到與師傅開模討論,陳牧仁老師強調細節製作的重要,迷你版「台灣紅椅頭」雖然不能真的坐,但可以盡力做出最好的詮釋。

余計な土を削るという逆転の発想は、その椅子を逆さまに置く時のように、椅子はまた別の形態となりました。所有者を明記していないこの赤いプラスチック椅子は、まるで飲み物が入ったコップのように、生活の受け皿となりました。

「台湾紅椅頭」が表した集団生活や記憶をリアルに再現できるように、手練りから職人と金型についての討論まで、陳氏は細部を拘っていました。ミニチュア版「台湾紅椅頭」は座れなくても、意味合いを最大限表現したいと思っているからです。

 

「台灣紅椅頭」三個製作重點:(不顯眼處的極大用心~)

「台湾紅椅頭」の三つのポイント:(目立たない所の工夫~)

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

1.椅子座面一定要微凹

不管是什麼材質,椅子最重要能夠承重受力。仔細去看,會發現「台灣紅椅頭」座面有微凹的弧形,比照真實的椅子,謙卑地承受來自生活的重擔,每一片椅座都經過人工適度地輕壓,平衡椅子結構與承載力學,希望呈現被使用、有人坐過的感覺。

1.椅子の座面は必ず少し凹ませる

どんな材質の椅子でも、一番大事なのが耐荷重です。よく見れば「台湾紅椅頭」の座面は少し凹んでいて、本物の椅子のように謙虚な形で生活の重荷を受け止めています。すべての座面は手作業で適度に押して、構造と力学のバランスを取りながら、使い込まれている、誰かがいつも座っている感じを表現しました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

2.減法美學的設計應用

為避免堆疊過程兩張椅子卡在一起,塑膠椅面中央必要開一個孔洞,方便排氣。(這是一則可以拿來說嘴的冷知識~)

經石膏脫膜後的胚體,一件件仰賴窯廠師傅的雙手,刀切挖空讓椅腳成形、將椅子邊角打磨。費心加工製作,使椅子盡到坐具應有的職責,絕不是因為造型好看而已。

2.減法の美学のデザインと応用

重ねっているうちにくっ付けてしまわないように、座面には必ず穴をあいています(自慢できる豆知識です~)。

石膏から離型した原型一つ一つ、工場職人の手作業でナイフで切り抜いて、椅子の足を削り、縁を均します。工夫した加工を経て、見た目だけではなく、椅子の役割も再現しました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

3.承載生活的自然用色

「台灣紅椅頭」整體色澤帶有柔和的光亮質感,經素燒而後浸釉,為了不讓成色過於僵硬,特別請窯廠師傅調整釉藥的稠度,釉色偏古樸而非飽滿的鮮紅,呈現出陶瓷自然溫暖的質地。

塗覆薄薄一層,椅緣縫隙有不規則的顯白,呼應了這張紅色塑膠椅的強韌性格——重量雖輕,任憑陽光曝曬、風吹雨打,仍舊硬挺著。

3.日常を反映したナチュラルカラー

「台湾紅椅頭」は全体的に柔らかい光沢感を帯び、素焼した後釉薬を浸み込ませて、色が強すぎないために、職人に釉薬を薄めてもらいました。

質素で鮮やかな赤ではないものの、陶器の自然で温かい生地を表現できました。縁や隙間に薄く塗った白は、赤いプラスチック椅子の強靭さーー軽いけど、例え日に照らされても、風雨に打たれても簡単には壊れません。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

| 販售 |

「台灣紅椅頭」是神農生活第一個自主企劃的陶瓷商品。2022年10月,久違地迎來台灣入境觀光開放,特別以「文化禮品(Mini Culture Gift)」概念結合盒玩趣味的包裝設計,為喜愛文化體驗的旅客量身打造。

 | 販売 |

2022年10月、台湾は久々に入国再開しました。「ミニカルチャーギフト」として、食玩の面白い包装概念を取り入れて、文化体験が好きな旅行客向けのデザインをしました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

「台灣紅椅頭」三個包裝設計重點:

「台湾紅椅頭」の三つの包装デザインポイント:

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

1.放進口袋剛剛好

「台灣紅椅頭」高度5公分、寬度4公分,作為文化禮品,收納盒裝設計首要輕巧好攜帶,符合盒玩收藏的用途。

經過巧思設計的迷你尺寸相當討喜,手掌大小放進包包不佔空間,送禮自用皆宜,無形增加生活開箱的趣味性。

1.ポケットにちょうどいい

「台湾紅椅頭」は高さ5cm・幅4cm。カルチャーギフトとして、箱の大きさと軽さが持ち歩きやすいのが肝心です。

コレクションとしても、工夫してデザインしたミニチュアサイズは愛らしい。手のひらの大きさはカバンに入れても大丈夫なので、コレクションでもギフトでも最適。日常のサプライズとしては如何ですか?

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

2.新舊時光加總

外盒選用牛皮紙質,輕盈的棕色符合品牌初衷,秉持簡樸風格的設計基礎,掃描Qrcode連結,進一步了解商品背後故事。

側邊說明文字簡潔明瞭,延續神農生活「台灣雜貨店」系列PB商品開發理念,越看越有人文風景的復古味道。

2.新旧入り混じり

箱はクラフト紙を使い、淡い茶色はブランドのコンセプトによく合い、全体的に質素なスタイルでデザインしました。

QRコードを読み込めたらこの紹介文に飛び、製品のストーリーを知ることができます。箱の横の文字は簡単で分かりやすく、神農生活のセルフブランドシリーズ「台湾雑貨屋」の開発精神に沿い、レトロで文化的な風格を表しました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

3.大大心意 躍然盒上

不求新穎包裝,崇尚自然耐看的樸拙設計。外盒生動立體的「請坐」兩個字,由陳牧仁老師動手親做文字剪紙。

陳牧仁老師直覺從心地不畫草稿、隨手剪下,和享受捏陶的過程一樣。讓熱情款待的心意更加完整。

3.箱に溢れた思いやりの気持ち

派手な包装をやめ、ナチュラルで質素なデザインを採用しました。箱にあった生き生きとした「請坐」の二文字は、陳氏が自ら切り取った切り絵字です。

下描きしないで、思いのままに切り取った過程は、あたかも手練りの過程みたく、心から招待したい気持ちをそのまま形にしました。

台灣 紅椅頭 塑膠椅 伴手禮

撰文Text/楊芷菡  

攝影Photography/李慧君、楊芷菡  

照片提供Photos by courtesy of/陳牧仁

News Letter

訂閱
若想得到神農生活的最新活動訊息,請輸入您的 E-mail
取消電子報請點此